成長ホルモンの分泌と身長の伸びの関係は?

成長ホルモンと身長

身長の伸びには成長ホルモンが大きく関係してきます 成長ホルモンは年齢に関係なく分泌されますが、年齢によって大きく分泌量が変化しているのです

 

成長ホルモンの分泌が身長とどのようにかかわっているのか調べていきたいと思います

成長ホルモンの身長に対する効果とは

成長ホルモンには新陳代謝の促進作用がある

 

新陳代謝の促進と身長にどのような効果があるの?と思いますが、新陳代謝は身長の伸びに重要な働きをします

 

新陳代謝は骨の代謝を行っており、骨の代謝が高まると骨の密度が増えて骨の量が増えるのです
骨の量が増えると骨が伸び、身長も伸びる事になります
成長ホルモンと身長には重要な関係性があります

 

他にも成長ホルモンには筋肉量の増加や新しい肌を作る事にもかかわっています
身長だけでなく、健康や美容にとっても重要な働きと効果があるホルモンなのです

成長ホルモンで身長が伸びるのは子供だけ!!

大人には骨端線がないので身長が伸びない

 

身長が伸びる、伸びないに大きくかかわってくるのが「骨端線」の有無です 子供には「骨端線」がありますが、大人になると「骨端線」が無くなるのです

 

「骨端線」の有無はレントゲンをとると確認することが出来ますので、低身長のお子さんで悩んでいる方は一度病院で相談することをおすすめします
逆に小さいお子さんでなくても「骨端線」があればまだ身長が伸びる可能性があるという事です

 

「骨端線」がなくなる時期は個人差があるので早くはくなる場合、中学生で無くなるケースもあるので身長を伸ばす対策を行うのであれば早期の対策が必要になってきます 

 

 

骨端線とは?
骨端線とは骨の伸びる部分です 骨は全身にありますが、伸びる骨は骨端線だけなんです
骨端線は骨でも軟骨状態になっていて、伸びやすい状態になっています

 

成長期の子供は骨端線の付近で成長ホルモンの刺激によって活発的に成長ホルモンが細胞分裂しています このことが身長の伸びに大きく関わってきます
この状態をより効果を上げるためには、栄養素もバランスよく十分に摂取する必要があります 成長ホルモンンの活性化と栄養素をバランスよく摂取することで身長は効率的に伸びるのです

なぜ大人は身長が伸びないのか?

大人でも成長ホルモンは分泌されていますが、子供に比べると成長ホルモンの量が少なくなっています 成長ホルモンの分泌は睡眠時や運動後に分泌されます

 

ではなぜ、成長ホルモンは分泌されているのに大人は身長が伸びないのか見ていきましょう

 

大人になると骨端線がなくなっている

 

身長が伸びるという事は骨が伸びる事なので、もちろん骨が伸びなくなってしまうと、身長も伸びなくなります
先ほども説明しましたが、骨の伸びる部分が骨端線と言われる軟骨状の骨ですが、骨端線は一生存在するものではありません年齢が高くなるごとになくなっていきます なので大人になると骨端線がなくなってしまい、無くなると身長が伸びなくなるのです

 

それでは、骨端線は何歳位まで存在するのでしょうか?

 

  • 男性の骨端線がなくなる年齢   およそ17歳〜18歳
  • 女性の骨端線がなくなる年齢   およそ15歳〜16歳

 

男性と女性には骨端線のなくなる年齢には差があります ですが、もちろん個人差もあるので上記の年齢で無くなる場合や、残っている場合、早くなくなる場合もあります